バッジテスト

バッジテストとは

バッジテストとは、1級~5級までのレベルごとにスノーボード滑走のレベルチェックをする技術認定テストです。
1級に合格するとインストラクターの受験資格が得られます。
また、2級~5級のどの級からでも受けられますが、2級以上はJSBA会員登録が必要です。会員登録は1年中受け付けています。

バッジテストでは、級別に規定の滑りをしてもらいます。
基準に基づいた滑りが出来ているかを公認検定員が判定していきます。
また3級~5級の検定は、レッスンの中で判定する「レッスンチェック式」での受験もできます。

バッジテストについては、JSBA日本スノーボード協会のホームページに詳細が記載されています。https://www.jsba.or.jp/education/badgetest/

バッジテスト詳細

バッジテスト検定種目

検定料・認定料

2019年10月1日の増税後掲載します。

当日のスケジュール

注意事項

  • 1級、2級は、日本スノーボード協会(JSBA)の会員登録及び、年会費の納入がないと受験ができません。会員証の提示が必要になります。(3~5級はどなたでも受験ができます。)
  • 1級受験者は、2級の合格がわかるIDカードまたは、合格証の提示が必要となります。必ず持参ください。
  • 事前講習を修了している方は、修了証を提示してください。
  • スキルチェックに関しては、各級で事前講習が必要となります。事前講習を受けずに受験することはできません。当日、受講されるかたは、受付時に申し込みを行ってください。
  • たいらスノーボードスクールでは、リーシュコード(流れ止め)の着用をお願いしています。

ご不明点がありましたら、左記のバナーよりお問い合わせお願いします。